お勧め音楽グッズ PR

【便利グッズ】シールドのストレスから解放!ギターワイヤレスシステムのレビュー

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

・自宅でエレキギターを演奏していてシールドが足に引っ掛かる

・毎回シールドを出したり片付けたりするのが面倒

ギターを弾いていて、「シールド邪魔・・・」って思ったことありませんか?

シールドで足を引っ掛けてアンプから抜けてノイズで耳を痛めたり、弾いていて足にシールドがまとわりついて煩わしくなってきたり

僕もワイヤレスのシールドを使うと楽なのかなあと思ってはいたんですが、値段とか音の遅延とかどうなんかなあと懐疑的になり、なかなか購入までは至りませんでした

ですが最近、ワイヤレスの技術も進化してきたらしく、昔に比べて品質がかなり上がってきていると多方面で耳にしてきたので、ここにきてようやく重い腰を上げて購入しました

【BOSS WL – 20】という製品です

created by Rinker
BOSS
¥25,300
(2024/05/26 03:07:25時点 Amazon調べ-詳細)

実際に使ってみて、使い心地やメリット・気になるところなども分かってきたので、ワイヤレスって実際どうなん?と思っている人の参考になればと思います

実際にワイヤレスシステムを使ってみた率直な感想:超ラク!

ワイヤレスシステムを実際に使ってみた率直な感想としては超ラクです

ただ値段が2万円近くするので、導入するハードルは正直高いと思います

僕も買って使ってみるまでは「シールドに2万も使うのはなあ・・・」と思ってました

でも安っぽいワイヤレス買って失敗するのも嫌だったので、思い切って高めのワイヤレスを買ってみました

シールドを毎回巻き巻きしなくて良いし、一番心配だった音質の劣化や遅延も感じられませんでした

何よりシールドがなくてもアンプでギターを鳴らせるという開放感がたまらないです

有名なアーティストがスタジアムとかで演奏する際に、よくワイヤレスシステムを使って駆け回りながらギター弾いてたりしますよね

これからは、自宅でもワイヤレスシステムを使って快適にギターを弾くのが一般的になっていくんじゃないかなあと思います

【BOSS WL – 20】を実際に開封してみた

中には充電用のUSBケーブル、説明書、保証書などが同梱されていました

説明書は日本語だけでなくいろんな言語で表記されていました

インジケーターが2つある方がレシーバー(アンプに挿す方)で、インジケーターが1つの方がトランスミッター(ギターに挿す方)です

裏面を見ると分かりやすいですね

絵が書いてある方がレシーバー(アンプに挿す方)です

2つともUSB差し込み口があるので個別に充電可能です

このように繋げた状態にすることで2ついっぺんに充電することももちろん可能です

僕は面倒なので毎回こうやって2ついっぺんに充電してます

プラグの周りに小さい突起があるのが見えると思いますが、これが押されることによって差し込みを認識するみたいですね

ワイヤレスシステムの使い方

使う前にまず、この2つのペアリングをします

やり方は至って簡単で、2つを合体させて10秒間待つだけです

これでペアリングは完了です

電池が切れない限りペアリングは解除されないので、例えば使い終わって翌日また使いたい時はペアリングをせずにサッとアンプとギターに挿すだけで使えます

これはかなり楽ですね。毎回起動のたびにペアリングさせてたら面倒ですから、この点は高評価です

アンプに挿すとこんな感じ

これはアンプに直挿ししてますが、僕は普段エフェクターを使ってるのでエフェクターボードに挿して使ってます

こちらがギターに挿したものです

これだけでもうOKです

特に必要なスイッチとかもなく、ただ挿すだけで使うことができます

また、無音状態が1時間続くと自動的に接続が切れるようになっているので寝落ちしても安心ですね

【BOSS WL – 20】を使ってみての不満点

実際に【BOSS WL – 20】を使ってみて、不満点が2つありました

  1. 充電の頻度が多く感じる
  2. あぐらをかいて弾く人は使いづらい

①充電の頻度が多く感じる

公式の充電持続時間は約10時間で、実際僕も使ってみた感じその通りだと思います

僕は1日に大体2時間から3時間ギターを弾くんですけど、そうすると3日〜4日ごとに充電することになるんですよね

これがちょっと気になりました。「え、もう充電切れる?」って

人によって演奏時間は異なるので、10時間というのが長く感じたり、あるいはもっと短く感じたりするかもしれません

個人的にはもう少し持続時間を長くして欲しかったなあ、というのが正直な感想です

ただこの小ささで10時間も持つので、それは贅沢な悩みと言えるかもしれません

②あぐらをかいて弾く人は使いづらい

僕は普段、PCデスクの前でチェアに腰掛けながら弾いているので問題ないんですが、床にあぐらかいて座って弾く人には使いづらいと思います

というのも、これを差し込むとギターのジャック部から約5センチはみ出すんですよ

実際僕も試しましたが床にトランスミッター(ギターに挿す方)が当たっちゃいますね

なので普段あぐらかいて弾いている人はあまりお勧めできないと思います

ただ個人的にはあぐらかいてギターを弾くと姿勢が悪くなりがちなので、椅子に座ったり立ったりして弾くことをお勧めします

【BOSS WL – 20】のメリット

ではここからは【BOSS WL – 20】を実際に使ってみていいなと感じたメリットについて書いていきます

  1. ケーブルレスが本当に楽!
  2. レイテンシー(遅延)や音質の劣化は感じず
  3. かさばらないのでスッキリする

①ケーブルレスが本当に楽!

本当にこれに尽きますね!もうめちゃくちゃ楽で快適です

今まではシールドに繋いでいて足を引っ掛けたりちょっと移動しただけでシールドの長さが足りずにシールドが抜けちゃったり、ちょっとしたことがストレスに感じていました

そのあたりのストレスから解放されたので精神的にもかなりプラスですね

座った状態から立つときにいちいち足元を気にしないで済むし、立った状態でちょっと歩こうと思ってもシールドのことを気にかけなくて済むしで本当に楽ですね

②レイテンシー(遅延)や音質の劣化は感じず

この手の製品で一番懸念されるのがレイテンシー(音の遅延)はあるのかどうか、ということです

僕もこれが一番心配でした

せっかくワイヤレスになっても思った通りに弾けないんじゃ意味ないですから

公式では2.3msと記載してありますが、実際使ってみるとレイテンシーはほとんど感じませんでした

今まで使ってたシールドと比べてみても特に違和感を感じませんでしたね

ワイヤレスシステムを導入する際は、この辺のレイテンシーを一番気にかけるといいと思います

また、音質の変化についても気になるところであります

僕が普段使っているのはカナレの2,000円くらいのシールドですが、それと比べても音質の変化は感じませんでした

普通に自宅弾きや小規模のライブハウス程度であれば全く気にならない、というか違いが分からないと思います

③かさばらないのでスッキリする

機材関係ではシールドって結構かさばるんですよね

毎回毎回シールドを巻いて片付けるのも面倒・・・そんな人にもワイヤレスはぴったりです

大抵のシールドは3mくらいありますよね

それが5センチ程度のものを取り付けるだけで済むんですから、その違いはかなり大きいです

部屋が狭い人でも部屋を圧迫しないのでかなり広く使えますよ

広く取れたスペース分、何か別の機材を置いてもいいですし、別なことで有効活用したいですね

まとめ:もっと早く使っておけばよかったと思うくらい快適

実際にワイヤレスを使う前は、食わず嫌いなところがありました

それにシールド関係にそんなにお金出したくないとも思っていました

でも実際使ってみるとシールド関係のストレスから一気に解放されたので、もっと早く使っとけばよかった〜!と思ってます

2万円ぐらいするので安い買い物ではないと思いますが、これによって今まで抱えていた小さなストレスがなくなったので結果的にコスパはめちゃくちゃ良いと思ってます

日頃から「シールド邪魔だなあ」とか「もっと快適に弾きたいなあ」と悶々としている人はこういったワイヤレスシステムの導入も検討してみてはどうでしょうか

created by Rinker
BOSS
¥25,300
(2024/05/26 03:07:25時点 Amazon調べ-詳細)