ギター PR

【ギター初心者】経験ナシでも安心!アンプに繋ぐシールドの選び方を解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

・エレキギターを買ったけどシールドというのが必要らしい

・お勧めのシールドを教えて欲しい

エレキギター演奏には、ギターとアンプを繋ぐシールドが欠かせません

シールドにもそりゃあいろんな種類がありまして、結局どれを使えば良いのか分からないという初心者の方も多いですよね

そこで今回は自分でシールドを選べないという方のために僕が選び方のポイントを伝えていきます

初心者が選ぶポイントとしては次の通りです

  • メーカーはCANARE(カナレ)
  • 標準タイプかL型タイプ
  • 長さは3mがおすすめ

初心者にお勧めのギターシールドメーカーはCANARE(カナレ)

まず、選ぶシールドのメーカーですが、カナレというメーカーを選びましょう

created by Rinker
CANARE
¥2,778
(2024/04/23 17:02:31時点 Amazon調べ-詳細)

なぜカナレなのか、理由は以下の3点です

  1. 値段が比較的安いから
  2. プロも使ってる安心感
  3. 耐久性に優れている

①値段が比較的安いから

これはかなり大きいポイントですね

大体2,000円以下で購入できます

シールドでもなんでもそうですが、上を見るとキリがないんですよ

普通に10,000円を超えるものもありますからね

僕も最初は7,000円くらいのシールド買おうかなとか思ってましたが、少なくとも初心者のうちはシールドにお金をかけるべきではないです

まずは比較的安価なシールドを買って、浮いたお金でエフェクターなりなんなり買いましょう

②プロも使ってる安心感

カナレはおそらくシールドの中ではトップクラスに需要が高いです

「ギター シールド」と検索すればまず間違いなく上位に表示されます

そしてカナレのシールドはプロギタリストも愛用しています

プロが使ってるというだけで安心感が違いますよね

得体の知れないメーカーよりも、誰かが既に使ってる、それもプロが使ってるとなればもうそれでいんじゃね?ということでカナレです

③耐久性に優れている

値段が安いわりに耐久性はかなり良いです

たまにいつ買ったかも分からないようなカナレのシールドを引っ張り出して使ってみても全然音の劣化を感じさせません

ちょっと乱暴に扱ってもすぐには壊れないので安定感があります

シールドを選ぶ際は標準タイプorL型タイプ

シールドの先端には2種類の形状があります

これが標準の形です

これがL型のタイプです

大抵は標準タイプのみで構成されることが多いですね

標準ーL型と組み合わされているものもあります

ではL型はどういう時に使うかというと、エフェクターに差す時に使ったりします

標準タイプでももちろん良いのですがL型タイプの方がスマートに接続できる場合もあるので、状況によって使い分けましょう

とりあえず最初は標準タイプのみのやつを買っておくことをお勧めします

ギターシールドの長さはどのくらいか

シールドの長さもモノによってはバラバラです

アルバート・コリンズというブルースギタリストは40m以上のシールドを使ってステージを駆け回ったと言います

凄まじいですねw

ここで覚えていただきたいのが、シールドは長ければそれだけ音の劣化がしやすいということです

なので不必要に長くする必要はありません

長さを選ぶポイントは以下の2点です

  1. アンプに直接繋ぐ場合と、エフェクターのINPUTからギターに繋ぐものは3m
  2. エフェクターのOUTPUTからアンプに繋ぐ場合はなるべく短いモノ

①アンプに直接繋ぐ場合と、エフェクターのINPUTからギターへ繋ぐ場合は3mがおすすめ

自宅演奏用であれば3mくらいがちょうど良いと感じます

2mだと立って演奏する時に長さが足りなくなってシールドがすっぽ抜けることがしょっちゅうありました

せっかくノって弾いてるのに途中でそんな悲劇が起きては興醒めもいいとこです

そんな僕のような悲劇を生まないためにも3mが妥当だと思います

②エフェクターのOUTPUTからアンプに繋ぐ場合はなるべく短いモノ

エフェクターを使う場合、シールドは2本使うことになります

で、ギター側に繋ぐ方は3mくらいがおすすめなんですが、エフェクターのOUTPUTから繋ぐ場合、長くても良いことないんですよね

むしろ長いと邪魔になるのでなるべく短いもので済ませたいです

環境によりますが、1.5mくらいもあれば十分なのではないかなあと思います

番外編:ワイヤレスタイプのギターシールドを使うのもアリ

配線があるのがうっとおしい!という人はワイヤレスのものを使うのもアリだと思います

プロでもこういったワイヤレスを使う人は多いですね

ただ問題がありましてね、高いんですよ。2万円くらいします

お金に余裕のある人はワイヤレスタイプを使ってみてもいいかも知れませんね

確かにストレスはないので使って見る価値は十分にあります

実際にワイヤレスシステムを使ってみてのレビュー記事もあるので参考にしてみてください

【便利グッズ】シールドのストレスから解放!ギターワイヤレスシステムのレビュー ・自宅でエレキギターを演奏していてシールドが足に引っ掛かる ・毎回シールドを出したり片付けたりするのが面倒 ギタ...

まとめ

ギター用シールドを選ぶときのポイントは

  • メーカーはカナレ
  • 標準タイプかL字タイプか(最初は標準のみのタイプがおすすめ)
  • 長さは3mがおすすめ

この3点を押さえておけば良いです

お金に余裕のある方はワイヤレスタイプも検討して見ると良いと思います

また、色も豊富なラインナップがあるので自分の好みやギターに合うシールドを見つけるのも楽しみの一つですね

ファッション感覚でギターを楽しみましょう!

created by Rinker
CANARE
¥2,778
(2024/04/23 17:02:31時点 Amazon調べ-詳細)