ギター PR

【ギター初心者】立って演奏するためにギターストラップの取り付け方を解説

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

ギターってずっと同じ姿勢で弾いてると体が痛くなってきますよね

痛みを緩和するためには立って弾くことも時には効果的です

そのためには、「ストラップ」というものをギターに装着して肩に掛けるんですが、正しい装着の仕方が分からない人もいるかと思います

この記事では、ストラップの正しい装着の仕方・ストラップピンの付け方について写真付きで解説していきます

自分は人前で弾かないからストラップは必要ない

という方もいるかもしれませんが、ギターを長時間同じ体勢で弾き続けることは健康上よくありませんから、時々姿勢を変えるためにも、ぜひストラップを使用してみてください

立ってギターを弾くために必要なもの

立ってギターを弾くために必要なアイテムは次の2つです

  • ストラップ
  • ストラップピン

ストラップピンを装着するために必要な工具

ストラップピンの種類によりますがプラスドライバーや六角レンチが必要になります

ホームセンターで売ってるようなもので十分です

ギターの整備などにより様々な大きさのものが必要になる場合があるのでいろんなサイズがあるものを所持しておくと後々便利です

最初についているピンを外す

まず、購入した時からついているピンを外します

今回はレスポールで試していきます

ストラップピンの付け方はどのギターでも基本的に変わらないのでストラトでもテレキャスでも問題ありません

頭とお尻の2箇所のピンを外していきます

今回はプラスドライバーで外していきます

大抵はプラスドライバーですが自身のギターで確認してみてください

ネジが外れました

お尻の方も同様に行います

ギターにストラップピンを締め込む

外し終わったら、次はストラップピンのネジを締め込んでいきます

今回はシャーラーというメーカーのストラップピンを使用します

ストラップピンはギター側に付ける方とストラップ側に付けるパーツに分かれています

この写真だと左側のネジがついてる方ですね

これをギターに取り付けていきます

六角レンチで締めていきます

しっかり締まりました

お尻の方も同様に行い、ギター側への取り付けは終わりです

ストラップにピンのパーツを取り付ける

次にストラップを付けていきます

今回はFenderのストラップを付けていきます

created by Rinker
Fender(フェンダー)
¥1,710
(2024/05/26 16:43:53時点 Amazon調べ-詳細)

ストラップは細長いタイプや太いタイプ、アーティストシグネイチャーモデルなど、たくさん種類があるのでお気に入りのものを探してみましょう

ではストラップ側へのパーツの取り付けを行います

この写真の右側のパーツをストラップに取り付けていきます

まず、上についてるキノコの傘みたいなフタを回して外します

外れました

これをストラップの先端についている穴へ通します

新品のストラップは硬くて入りづらいかもしれませんが、無理やり入れてしまって構いません

通したら、先ほど外したフタを再び付けます

あまりきつく締めなくても手締めで十分ですが不安な方は小さい穴が空いているのでそこに何かはめ込んで締めてみても良いです

小さい穴が空いているのが分かりますかね

小さい六角レンチを通して締め込んでみます

僕はいつも手締めで済ましていますが、不安な方はこのようにきつく締めてみても良いかもしれません

もう片方も同様に取り付けていきます

これでストラップ側へのパーツの取り付けは終わりです

ストラップをギターに装着する

いよいよギターにストラップを装着していきます

取り付けは至って簡単で、横からスライドさせるだけです

横からスライドさせて・・・

 

カチッ!と音がしたらOKです

 

もう片方も同様に取り付けます

これでストラップの取り付けは完了です

ストラップを外す時は、上の先端部分を引っ張りながらスライドさせます

ストラップピンの形状により異なる場合があるのでご確認ください

ストラップの長さは座って弾くときと立って弾くときで同じくらいの長さがベスト

ストラップの長さは人によってまちまちです

若くてロックな方は長い方がカッコいいという人もいますし、おじさま的な方はこれでもかと言うくらい短くする人もいます

これは各個人の好みですが座って弾く時と立って弾く時でギターの位置が変わらないくらいがいいと思います

立って弾いたらストラップが長くてギターの位置が下がってしまい、いつも座って弾いてるときのようなパフォーマンスができない、ということを防ぐためです

とはいえこれは個人的な好みの問題なので、自分が

「いや、ライブではギターが地面に着くくらいストラップを長くして弾いた方がカッコいい!」というのであれば、全然ありだと思います

まとめ:自宅弾きギタリストもストラップを使っていこう

ギターを自宅で弾いていると、知らないうちに猫背になっていたり、姿勢が悪くなってきます

そのためにはストラップを使用して立って弾いたり、姿勢を変えながら弾くのがベストです

そしてストラップを使うのであれば、ストラップピンは必ず使いましょう

僕のように部屋でギターをかき鳴らしてハッスルしていると、ストラップが急に外れて大切なギターを落としてしまう、という悲しい事故が起きかねません

また、ストラップはいろんな種類があるのでおしゃれ感覚で色々付け替えてみるのも楽しいと思います

楽しく、そして健康的にギターを楽しんでいきましょうね